犬は猫の飼育世帯には超音波ネズミ駆除がおすすめ

犬や猫を飼育する世帯では、ネズミ駆除に頭を悩ませることが多いです。


特に自宅内で飼育している犬や猫は、嗅覚で餌を探しまわることが多いので、ペットたちが誤って殺鼠剤を食べてしまうことがあります。

特にクマネズミ用のリン化亜鉛という殺鼠剤は際得て強力な毒性があります。

NAVERまとめの関連情報がご覧になれます。

クマネズミは、ドブネズミなどに効果を発揮するクマリンやワルファリンといった内出血を起こす殺鼠剤に耐性を持つスーパーラットです。


リン化亜鉛は、クマネズミが食べると胃液に反応して毒ガスを発生させ殺すという作用があり、ワルファリンやクマリンといった殺鼠剤よりも極めて強力なので、間違って犬や猫が食べてしまうと危険です。


犬や猫を飼育している世帯のネズミ駆除としては、超音波をおすすめします。



超音波を使ったネズミ駆除は即効性こそありませんが、犬や猫といったペットたちが誤って食べるというリスクがありません。
天井裏に設置するため、延長コードを使う場合がありますが、24時間クマネズミの巣に向かって、超音波を発し続けることで、家から追い出せます。


クマネズミだけでなく、ドブネズミに対しても効果を発揮しますが、犬や猫や鳥類などのペットを飼育している世帯に限定されます。



ネズミが苦手な特定の周波数を放つことで追い出しますが、リスやハムスター、チンチラ、うさぎなど、ネズミの仲間であるげっ歯類には影響をあたえることがあるからです。

犬や猫が間違って殺鼠剤を食べることがないように、ネズミ駆除専用の超音波機器をおすすめします。